スリットポンチ

中の国のポンチみたいなのものが
集結してきました。

最初にやってきたのが右の角落とし。
P_20171022_012829.jpg

期間をあけて直線抜きも到着。

角落としはそこそこ頻度ありで使っております。

直線抜きは登板チャンス未だなし。

そこへスリットポンチ(当方命名)が助っ人に登場。

P_20171022_012647.jpg

中断していた革の鈴の穴あけをやってみました。

P_20171021_190940.jpg

綺麗に鈴っぽく穴があきましたです〜〜〜〜ゥ。

弘法筆を選ばずと云いますが、
こちとら弘法どころか工房もないモグリですし
道具に頼らせてくんさい。

P_20171022_024648.png

完璧にボンドでくっつくので、ステッチなしで
かんせ〜〜〜〜〜〜い。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

シリコンペン 2

シリコンペンのインプレッション続きです。

コバ塗りにいい感じだと昨日書きましたが
ちょっと試しにボンド塗りに使ってみると

今までにない感じ。

全く粘着性を感じないで、水性絵の具を塗るように
ボンドを塗れますです。

P_20171022_015425.jpg

どんなヘラを使っても必ずそのヘラにも
ボンドがくっつくのですが
このシリコン性の筆には全くそれがなくて

筆についたボンドが綺麗さっぱり革に乗り移ります。

塗り終わった筆先に残ったボンドも
布で簡単に拭きとれるので

こりゃいいっす。

ついにボンドヘラ探しの旅が終わりました。到着。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コバ塗り

ここに全て書いている訳ではないですが
毎日のように激安サイトから商品が届きます。

一体いくつ買ったんだ?
かろうじて同じものは購入しておりませんが
買う尻から忘れますので、封を切るまで何が届いたか
想像もつきません。

今回いくつか届いた内の一つがこれ。

P_20171017_050619.jpg

これはシリコン製の筆です。

こんなものは見たことがなかったのでポチってしまったんですが
コバ塗りにいいんじゃないの?と。

普通の筆でコバ塗りをすると、筆先が側面に回り込んで
コバ以外のところを汚してしまいますし(下手なだけですが)

プロのかばん職人さんに教えてもらった
竹串を使うという方法も、まあまあ
それ以上のものがないからと諦めてただけですし・・・

これならその両方の長所を併せ持つんじゃないの?

使ってみましたが、これめっちゃいいです〜〜〜〜〜〜〜ゥ。

本来はどうもネールアート用らしいですが
あんなちっちゃい爪に絵を描くためのものなので
直線のコバなんかお茶の子さいさい。(最近聞かんなこんな言葉)

まあ滅多にコバ塗りなどしないのですが・・・


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

アイレット打ち具

先月半ばに直径15mmのアイレットホックの
打ち具を購入した話は書きましたが
ハトメとアイレット

これには伏線がありまして
同好会の先行チームの次の課題に小さなリュックがリクエストされていまして
そのリュックの口はファスナーの上にかぶせの蓋が付いているタイプ。

これをちょっと変更して、口にアイレットホックを打ち
革ひもで止めようかな〜〜〜〜と高かったのですが
その打ち具と玉を購入したわけです。

こんなもんだろうと15mmにしたのですが
P_20171018_054932.jpg
実物を見てみると、ちょっとデカ過ぎたかな〜〜〜〜と。
これなら12.3mmの方が良かったかな〜と思ったものの、
買い足すのは出費ですし
これで押し切ろうと決めておりました。

すると例の激安サイトに各種アイレット打ち具が出てるじゃ〜あ〜りませんか。

価格はアイレット50個付きで
購入した15mm用打ち具単品の6割くらいの価格。
え〜〜〜〜い、ポチっ。

P_20171018_051510.jpg

値段なりの安普請ですが、使えりゃええし。
全く切れなさそうなポンチもついております。
玉はこれ又いかにも安っぽいので、これはちゃんとしたのを買い直すとして

ついでだ、10mm用も買っちゃえ。
これは玉がつかない単品で、その12mm用のまた6割くらいの価格。

P_20171018_051559.jpg

今までは5mmのハトメ打ち一本で頑張ってきましたが

P_20171018_064047.jpg

突然4本にグレードアップしました。

ただ4本とも打ち具の形がバラバラ。

これは道具収集の苦労の跡。
勲章でしょう。
・・・・
貧乏なだけですが。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

某音楽教室の絃楽器フェア

行ってきました、某音楽教室での絃楽器フェアの打ち合わせへ。

開催される日は来年の1月13,14日。

なんや来年かいっ!鬼笑うぞっ。

と、思ったのですがそのためのチラシを作ったりするようで、
だったらもう準備しないとね。

数あるクラスの中でも絃楽器に限ってのフェアのようで
自前の楽器を持たずに習いに来て備品の楽器を使っていた人も
そろそろ自分の楽器がほしいな〜〜〜みたいな人が対象のようです。

バイオリンを習っている人は5教室合わせて100人弱だそうで
全員がフェアに来るとも思えないので、どうなんでしょう?

定番であるガルネリモデル用カバーの販売はもちろんなんですが
どうも聞いていると、それ以外の顎あてを使っている人も多いらしく

このフェアではその人たちのためのオリジナルカバーが目玉で

その開催日二日間現場に来てほしいとのこと。
え〜〜〜っ、行くんかいっ。

と心と裏腹にニコニコしながら、分かりました〜〜〜と。

と云うのもお話ししているのがうら若き美形の女性担当二人。
嫌とは云えない、嫌われたくない、スケベ心が丸見えざんす。

作成者が現場でオリジナルの受注をするのは
絃楽器フェアでは初めてらしいのですが
管楽器フェアではやっているそうで
フルートのケースをオリジナル作成する作家さんが来るとのこと。

チラシを見せてもらったのですが
布製ケースでひとつ10,000〜14,000円。
たっけ〜〜〜〜〜っ!

当方なら革製でもその値段ならしっぽ振ります。

一般的なフルートケースを見せてもらったのですが

P_20171017_174637.jpg

中にハードケースが入っていて、その中に3つに分解されたフルートが収まっております。

で、この写真のケースが付属のものなんですが
ビニール製ですし、確かに安っぽい。

フルートの種類もいくつかありますし、メーカーによっても
ハードケースの大きさが変わるので
必然的にオーダーでの作成になるようです。

ふ〜〜〜ん、これやらせてほしいな〜〜〜みたいな
顔をしてると
今の作家さんは納期が6か月で遅いと問題になっているそうで
付け入る隙あり〜〜〜〜っ!

サンプル作って、プレゼンしよ〜〜〜〜っと。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR