弦楽フェア 総括

いる間は暇で暇で困っていた弦楽フェアですが
帰ってからはネットからのオーダ依頼も2件あり
オーダーの作成に忙殺されました。

P_20180120_061331.jpg

均等にはいかないものです。

メリハリがあった方が良いと、ポジティブシンキングするとしたら
これでオーダー作成の手順が確立したということでしょうか。

写真のサイズを映っている定規から実寸に変更
➡︎型を取り3Dプリンタで印刷
➡︎その間に写真をもとに型紙作成、製品作成
➡︎プリントアウトにかぶせてみてチェック
➡︎発送

これ以外にも定番のサイズUPや
チェロカバーなど他のオーダーを合わせ1日2〜3個作成して
5つの音楽教室へ発送を済ませ
弦楽フェア関連は終わりを告げました。

と思いきや、予期せぬ人からメールがありました。

弦楽フェアに来ていた楽器の修理や点検をする楽器工房の方からです。
現場でこの顎あてカバーに興味を寄せられていたのですが、

その楽器工房でも販売したいのでと30個のご注文です。

弦楽フェアでは20個ほどしか売れなかったものが
突然30個のご注文、
フェア用に大量に作った在庫がいっぺんにはけました。

ありがたいことです。

ネットだけに頼らず、人に接することって大切ですね〜〜。

と教訓めいたことを柄にもなく書きましたが
そのきっかけはやっぱネットなわけで
何のこっちゃ。

PS:ここんところランキング表示されませんね。
  こちらか運営側かどちらの不具合なんでしょう?
  モチベーション維持のためにも元に戻って欲しいもんです。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

弦楽フェア チェロの胸当て 1

話が行って来いですが、
弦楽フェアの初日の話。

当方に会うためにやって来たと云う奇特なご婦人が
チェロの胸当てを作って欲しいとおっしゃる。

来場者は結構チェロの教室に通う人も多く
試奏会用の会場にもチェロが何本も置かれておりました。

で、その胸当ては以前頼まれて作ったものの
どうも先方の意にそぐわない(と云われた訳ではないですが)
当方ももう一つ気に入っていないものでして

その話を先方にすると
前回は天板のお汗対策が主な目的だったのに対し
今回は角が当たって痛い+胴体裏側の汗対策+滑り止めとのこと。

形状として少し前回と違うのは
天板/胴体裏面にぴったりの形状にしなくとも良さそうなことで、
要するに天板から裏面にかけて、落ちない生地が固定されていれば
いいようです。

だったら出来るかな〜〜〜?とお受けしたものの
自信がない。

ところがここは試奏会の会場なわけで
チェロの先生が数人詰めておあられる。

早速試奏会場の方へ行きまして、時との良さそうな
チェロの先生をつかまえて
胸当てについてあれこれ疑問を投げかけました。

するともう一人のチェロの先生が胸当てを使っているということで
持参されてませんでしたが、
要するに赤ちゃんのヨダレかけを流用しているとのことで

それでは小さいでしょう?と投げかけると
ドイツ製で大きなものが見つかったとのこと。

ドイツの赤ちゃんは大きいのか?と云う
新たな疑問は封じて、一つ方向性が見つかりました。

ただ問題がチェロを持っていないので、チェックが出来ないことで
だったらここにはチェロが売るほどあるわけで
大急ぎで試作品を作り、ここで装着してみようと決めました。

帰る道々、考えまして
家に着くなりこさえました。

P_20180117_060155.jpg

大きなヨダレかけ。
首にかけるわけではないので、アールにしないで
真っすぐのままです。

さてこれでいけるのか?


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村



テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

弦楽フェア 二日目

弦楽フェアへ顎あてカバーを売りに行ってきました。の二日目です。
昨日の予告通り、げっつ〜〜〜ゥ暇。
むしろ初日よりも暇でした。

前日よりも時間が短いのが救いでしたが
最後の1時間に数人のお客さんがいらっしゃったのを除けば
1時間に一人くらい。
最初の4時間くらいは一人もやってきませんでした。

途中から来ればよかった。

売上的には昨日よりも少ない9枚で
二日間のお買い上げは計22枚。

最初の打ち合わせ時に15枚くらいは売れるはずなので・・・と
担当のお嬢さんが云った時に
そんなに少ないなら2日間も行くのはやだな〜〜〜〜と思っていましたが
22枚で終わった今も行かなけりゃよかったかな?と微妙。

そんな暇な中、なんとか元を取らなけりゃと
スタッフのお嬢さんたちと無駄話をするのも限度がありますし
(向こうは働いていますし)
あまり働いていない、男性社員と話をしていますと
ちょっと面白いことになりました。

その社員の方がお客さんに頼まれていた
譜面台を渡し終わった際に
譜面台ケースも作るんですよと話しかけると
ケースは一応ついているのでそれほど需要がないのですが

ケースと云えば、マウスピースのケースに良いものがなくて
困っているというのです。

マウスピース?
ボクシングで口に入れるやつ?の
わけはなくて、管楽器の吹き口ですね。

マウスピース

需要の関係で主にトランペットのマウスピースの話となり
YAMAHAのパンフレットをパラパラと見せてくれました。

それにもこれといったケースはあまりなくて
特にマウスピースは複数、3本くらい持つので
それを入れる革のケースがあると良いですねというお話。

正直云って、譜面台ケースもフルートケースも
スキルの問題もありますし、大物すぎて
リスクが大きすぎるのでちょっとやめようかな〜〜〜と
弱気の虫が騒いでおりまして
もっと小物で楽器関係のものがないかな〜〜〜と思っていた折り
これは打ってつけ。

ええ話聞きました。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

弦楽フェア 初日

行ってきました。弦楽フェア。

15室ある防音室でいつも通りの教室も開かれていまして
やってくる人は弦楽の生徒さんばかりではないのですが

それでも大半のお目当ては弦楽フェアです。

と云っても、パラパタっとで、混雑するほどの来場者ではありません。

当方の顎あてカバー売り場は入り口すぐのところ、受付前に机と、
レイアウト用のバイオリンを用意してくださっていましたので
そこへなんとなく持っていったポップや商品を並べました。

古澤巌氏が愛用してますというポップも作っていったのですが
大してご利益はありませんでした。
知名度割と低いかも。

P_20180113_104900.jpg

フェアの目玉は買い替えの楽器の試奏で、少し離れた大きな部屋に
ずらっとバイオリンやビオラ、チェロが並んでおりました。

そこにはバイオリン工房の方も数人いらっしゃってまして
持ち込まれた楽器の検査や調整を行っており

どうも弓の毛?の張り替えなどが多いようです。

来場者はそちらへまず行き、受付前のこちらは
その動線から外れているので
用事のない人はやってきません。

すんげェ〜〜〜〜暇。

当方、大半の時間をぼ〜〜〜〜〜っと座っているだけ。

呼び込みも変ですし、そもそもそんなことはよ〜〜〜しませんし。

頑張って、社員の方がお客さんを引っ張ってきてくれて
どうですかと勧めてくれるのですが

そんなことも頻繁にあるわけではなく、
げっつい暇。

ただ唯一の救いが兄さん社員の二人を除けば
10数人の社員の方が全てウラ若き女性で
その人たちが受付背後にスタッフルームがあることもあり
始終目の前をウロウロしております。

ウロウロって仕事してるんですけど。

目の保養だけに飽き足らず、
慣れてくるに従って、何やかやと話しかけると
快く会話に付き合ってくれます。
いい人たちです。

もう、ホントそれだけが救いで基本的に暇。

暇の代償が
定番の顎あてカバー9枚とオーダーが5枚の売り上げ。

家でブラブラしていることに比べれば
これでもありがたいことですが

ちょっと拍子抜け。

55枚も持ち込んでいましたし。

イメージとしては今日の分が足りないんじゃかいかと
帰ってから、せっせと作らないといけないかと思ったんですが

いつもの取らぬ狸の皮算用。

今日は日曜日ですし、きっと今日の方が来場者が多い・・・
かな。

きっと明日のブログで
げっつい暇ってまた書くんでしょうね。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村









テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

弦楽フェアの準備

今日はいずれ来るんだろうと思っていた
MIKミュージックサロンの弦楽フェアの当日です。

朝10時入りの19時までという長丁場。
明日は9時入りの17時までの2日間。

まあバイオリンの顎あてカバーを売る場を設けて
いただける訳でありがたいことです。

何しろバイオリンを習っている生徒さんが200名以上もいる訳で
そのうち何人が来るのかはわかりませんが
ネットの閲覧2日分とは比べようもありません。

売るのは当方ですが
当方が直接お金を触る訳ではなく、
売れたものの7割を請求するという所場代制度。

そうなるとお客さんは一度キャッシャーでお金を払ってから
当方から商品を受け取るという
病院の薬局みたいなことになりますので
やりとりをクリアにするために伝票が必要となります。

そのことを先方に伝えると、フォーマットをくれれば
作成しますとのことでしたが
だったら自分で作る方が早いと作成しました。

お買い上げ伝票

入金済みの印があるこの伝票と引き換えに
商品を渡すという仕組みにしました。

こうしておけば伝票は手元に残るので、
請求の際に確実です。

A4一枚に5枚の伝票で、その都度切り取れるように
ミシン目まで入れました。

もう一つがガルネリモデル以外の方用のオーダー伝票です。

オーダー伝票

これは5箇所ある教室に後日出来上がりを発送して
そこで受け取ってもらえば、発送が煩雑にならずに切手代が助かるという方法。

この伝票と一緒にお持ちになっている
顎あてを撮影すれば、写真の取り扱い間違いも無くなります。

な〜〜〜〜〜んて、
やってみないとわからない問題が出てくるんでしょうね。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】


【ヤフオク】

【LEATHER CRAFT TOOLS】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR