ヘリヤスリ04

ルーチンワークのブックカバー作りに戻ろうとしたんですが
よっぽどそれが嫌なんでしょうね、
ヘリヤスリの新しいアイデアが浮かびました。

革の端を挟み込む力加減を調整するためには
ヘリヤスリの形状をピンセットのようなものにする必要がある。
と、ここまでは昨日までの失敗で学びました。

素材がABSなので弾力性がありませんし
先端に隙間ができるようにエンド側を閉じて、
単純に力任せに隙間を閉じさせるのは
問題がありそうで、ここで断念、
ブックカバー作りへ戻る予定がひらめいちゃったわけです。

ヘリヤスリN−01

エンドの閉じ方をこんな風にすれば
戻ろうとする力も生まれますし、力加減ができそうです。

この形なら浮いた部品も先っぽの楕円だけなので
仕上がりも綺麗にプリントできそうですし、

P_20171209_094026.jpg

完成。

しかし、改めて思うのですが
絵空事のアイデアがこんな風に立体物として出来上がるって
すごいことですね。

円筒ヤスリをはめ込んで、試してみました。

P_20171209_094511.jpg

根本的な問題なんですが、ヤスリの目が荒すぎて
深く食い込みすぎて横移動がスムーズにいきません。
前作はバネの力で挟み込んだのでそのせいだと思ったのですが
そうじゃなかったみたい。

エンドのつなぎ部分が薄すぎたとか、挟み込んだ時に
抵抗のない下側が先行しちゃうなど
改良点はいくつか見つかりましたが、
根本的なヤスリの荒さが動かせない問題なので
ここで本当に断念。

ブックカバー作りに戻ります。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

ヘリヤスリ03

プリントアウトを四苦八苦して外し
磨きをかけて4つの部品が出来上がりました。

木製ピンチからバネを外し、こちらにくっつけ
円筒ヤスリもはめ込みました。

P_20171207_134951.jpg
  
バネをはめ込むくぼみが位置なのか大きさなのか良くないようで、
ちょっと浮いていますが、まあ試作。

これで革のヘリのヤスリ掛けが手軽に綺麗にできるはず。

P_20171207_135005.jpg

「はず」はハズレの短縮形。

バネがきつすぎて、こすろうとしても動きません。

やっぱ、バネで固定するんじゃなくて
最初に考えたように端っこが繋がれているピンセットのような形で
指先で力加減できるようにしないといけないようです。

その端っこのつなぎ方にいい手が思い浮かばなかったので
このピンチ型にしたのですが
ピンチはチャンスとはいかなかったようです。

はい、終わり。

単純なブックカバー作りにも戻ります。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

ヘリヤスリ02

商品補充のブックカバーやノートカバーの作成は
やらないと売れないのですが、どちらか云うと
もう飽き飽きしていていますので
すぐに中断、寄り道しちゃいます。

で、その寄り道に思いついたのが
円筒形の小さなヤスリを利用した
革のヘリヤスリ。

早速モデリングしてみました。

ヘリヤスリ20171207

見本の木製ピンチと同じ大きさ、同じ形で
先っぽにヤスリをつける円柱をくっ付けてあります。

まん丸の円柱だとヤスリがくるくる回っちゃうかも知れないので
楕円形も作っておきます。

まあピンチは2つの部品からできているので
この2つで作ってみます。

片方にヤスリをつけて、片方は革の裏側を押さえる役目です。

ただこんな空中に浮いた部分のあるものは
そのつっかえ棒の役目をする面も一緒にプリントするので
それを綺麗に剥がせなくて、面倒な出来上がりになります。

どちらがいいか、90度寝かしたものと2タイププリントしました。

P_20171207_113146.jpg

さてうまくいくかはお慰み。

と引っ張りますです。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

ヘリヤスリ

商品補充の作成に飽きまして、
激安サイトから到着したミニルーター用のヤスリを見ておりました。

P_20171207_113210.jpg

3Dプリンタで作ったものを磨くのにいいかも、とポチったのですが
この輪っかになったヤスリって別の使い道があるかも。

革を糊付けするときにヤスリで表面を荒らすと思うのですが
革のヘリをやすりがけするのはそこそこ面倒です。

以前から太いピンセットみたいなもの、極小のトングのようなものの先に
ヤスリを貼り付けて、それで革のヘリを挟んで
ずらすようにヤスリがけすれば
楽チンじゃないかと考えておりました。

ただヤスリをその極小トングのようなものに固定する方法が思いつかなくて
埋没していたアイデアなんですが

P_20171207_134224.jpg

こんなピンチの先を円筒形にして、このヤスリを固定すれば
いいんじゃない?

このバネを外して利用すれば簡単ですし。と
埋没していたアイデアに光が差し込んだようです。

やらなあかんもんから逃れたい時に
アイデアって浮かびますな〜〜〜〜。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

バラのコサージュ

以前同好会の自由参加日に
花のコサージュを作ったのですが

コサージュ

正直云って、感心する出来ではありませんでした。

まあ、こんなのもありますよという感じで、
特にバージョンアップを考える気もなかったのですが

またまた中の国の激安通販サイトを覗いていると
(毎日違うものがアップされるので、結構はまってます)
こんなものを見つけました。

バラの切り出し型

これはなにかと云いますと、
どうもバラの花を作る型のようです。

他の写真を見て作り方がわかりました。

02バラの切り出し型

素材は粘土のようです。

この型の中に粘土を薄く詰めて
それを花びらのように形を整えながら端からクルクル巻くと、
バラの花が出来上がるということらしいです。

このバラは綺麗ですね。本当にできるとしたらですが・・・

3つの型があって、各型で10枚の花びらができるようなので
計30枚の花びら。

先日作ったコサージュが5枚×3で15枚ですから
倍の精密度で
バラって花びらが螺旋に巻かれている感じがしますので
この作り方は理にかなっている気がします。

これって革で作れないかしら?

粘土だと一番下をグチャっと潰してしまえば固定できますが
このままクルクル巻いても結局は筒なのでそこを解決する必要がありますし、

濡らした革で作っても、乾くまでは形を固定できないので
花びらの曲がり具合をどう作るか?

とりあえず問題点が出たらはそれはそのまま
いい手が思いつくまで保留にすると云う
いつもの手でやってみましょう。
(今日は前向きやな〜〜〜〜〜)


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】


【ヤフオク】

【LEATHER CRAFT TOOLS】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_designworks@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR