ペン皿

少しモデリングに慣れてきました。

複数の立体を合体させたり、
食い込んだ部分を消去する方法、
角を丸めるやり方が判明。

この3つが解ると、できるものが飛躍的に増えます。
でも想像力がないので、できるものをほとんど思いつきません。

ようやく、思いついたのがペン皿。

今度のチャレンジは♂♀を作って、挟んで押し付ける
押し型です。

ペン皿03

余談ですが(すべてが余談みたいなもんですが)

モデリング中のスクリーンショットを撮るアイコンを発見。
発見って、カメラのマークが付いていたので誰でもわかるっちゅうねん。

もう画面をスマホで撮らなくて済みます。

この押し付ける方の♂型の複製を挟む革の厚み分、まあ1.5mm位か?
大きくして、レンガ状の立体から削除すると♀型ができるはず。

ペン皿03受け

できました。

サクサク進んでいるようですが、そうはいきませんぜ旦那。

もうヘトヘトです。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

ハニカム構造

3Dプリンタのネタばかり書いているので、
かどうかはわかりませんが、
ブログランキングが下がりっぱなしです。

3Dプリンタネタもレザークラフトネタの内なので
どうぞポチッとお願いします。

ランキングが下がっちゃっても実害はないのですが
モチベーションも下がっちゃって、
もう毎日書かなくてもいいや、とか
思っちゃいますので、そんなに手間でもないでしょうし
力もいりませんのでポチッとを習慣によろしくです。

で、その元凶の3Dプリンタのネタが続きます。

立体の中身は空っぽなのか?問題。
空っぽにしてはペコペコしていませんし
どうなっているのか見てみたい〜〜〜〜っ!と
思春期返りのおっさんは思っただけじゃなく、
実行に移したのです。

プリントが完成する前に、プリント中止にすれば
見れるんじゃない?とやってみました。

IMG_7528.jpg

おっ、こんな蜂の巣状態です。
ハニカム構造というやつです。

中身を詰めちゃうとフィラメントが沢山必要ですし
空っぽでは弱すぎますし、
このメーカーは中身パンパンとはハニカム構造の事です。
としているようです。にゃるほど。

ヘリを見てみると1mm位の厚みを超えると
このハニカム構造が発生するようです。

ハニカム構造は縦に対しては強いですが、横からの力には
それほど強くないような気がしますので(見た目の想像ですが)

もしそうなら押し型を作る際のプリントの方向を合わさないといけません。

立体の大きさにかかわらず、この6角形の大きさは一定のようで
なので手打ち棒の底の部分は6角形が一つだけで、
なのでもうほとんど空洞ということだったんですね。

もうホームズかコナンのような洞察力です。

じゃあ、逆に空洞は作れないのか?

謎が謎を呼ぶこの展開。
頭が痛いので、もう考えるのやめます。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

中身はどうなってるんだ?part1

昨日のプレス用コネクタですが
プレスから外してみると菱目打ちが突き抜けて
底に穴が空いています。

IMG_7525.jpg

この底の部分ってABS樹脂が詰まっていないの?
空っぽ?

そう云えば、ロゴの押し型も文字の付け根が凹んでいました。

これは困る。フィラメントはたくさん必要でしょうが
ちゃんと詰まっていないと、これから先(遠い先でしょうが)
大きな押し型を作った時に中がペコペコでは役に立ちません。

考えてみれば、同じ立体でも中の詰まった立体も空洞の立体もあるわけで
作り分けができるはずです。

もちろん方法はわかりません。

モデリングの方法としては
最初から立体を作成するという方法と平面に厚みを持たすという2つがあります。
もっとあるかもしれませんが判りません。
平面も外周だけを書くのと平面そのものを作るのとあるのかもしれません。
これまたよくわかりません。

とりあえず違うと思われる3つのモデリング方法で
ちっちゃな立体を作ってみました。

IMG_7530.jpg

中が詰まっているのか、空っぽなのか?

見ていても、持っていても違いがわかりませんし
はたと思いついて、3つの重さを測ってみました。

区別がつくようにナンバーもつけてあったのですが
そのナンバーの重さも含めてすべて4g。
小数点以下は違うような気もしますが、そこまで計れません。
もっと大きな立体にしとけばよかった。これじゃよく判りません。

だったらと、ペンチを打ち付け、突き刺してみることに

IMG_7531.jpg

これまたよく判りませんが、穴が開いたところを見ると
空洞です。どれも。

中はどうなっているんだ〜〜〜〜〜!

思春期に戻ったみたい・・・・


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プレス用3D部品

昨日の同好会に間に合わせなくっちゃと、
夜中にサンプルの手縫いを始めたのですが

なので、3日ほど前の話なんですが・・・

なにぶん夜中のことですので、
菱目打ちを使うのがうるさくてはばかられます。

もしかして?とプレスでやってみるといけそうです。

ただ菱目打ちを左手で支えると
革の位置合わせやら、プレスのバーを下ろすのやらで
手が足りません。

プレスと菱目打ちが固定できれば、問題は解決なんですが
今までなら諦めたところ
今は3Dプリンタがあります。ふふふ。

菱目打ちを差し込んでプレスの穴に差し込む円柱が
あればいいわけで、それほど難しくないはずです。

早速、と云ってもモデリングには時間がかかりますが
ちっちゃなものでそれほど待たずにプリントは出来上がり。

IMG_7521.jpg

まぐれで手打ち棒はキツキツに止まりますが
その円柱がプレスの穴に入れるとスカスカして
手が離せません。落ちます。

これでは作った意味がありません。

2作目。今度は手を離しても落ちない程度にキツキツですが
菱目打ちをあげる時にやはり抜けちゃいます。

プレスには差し込む穴の横に
固定のためのネジがついているので
これで締め付ければいいはずで、部品の横に
円柱の中の菱目打ちに届く横穴を空ければいいと

3作目。
穴が浅くて届きません。落ちます。

4作目。
ようやくうまくできました。

IMG_7523.jpg

ところが位置合わせに手間取ったりで
思ったほどスムーズに進みません。

もうとっくに夜は明けて、
そこそこ音を立ててもいいだろうの時間になっちゃいました。

プレスから外して、普通に手に持って
木槌で打ち付けると
なんとスムーズに進むことか!

いらんことしないで、その時間寝てたらよかった。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

刻印モデリング

複数の立体を合体したり、くり抜いたりできるようになりまして
今回の3Dの課題はアバウトじゃなくて「ちゃんとした大きさ、形に作る」です。

以前モデリングしたものの、
プリントドライバにやってこなかった刻印に再挑戦。

きっと合体していなかったのが
うまくいかなかった原因だと踏んでいるのですが
そうだといいんですが。

それとちゃんとした大きさにするために
手持ちの抜き型にサイズをあわせるという超難題を設けました。

IMG_7520.jpg

この楕円に合わせて作ります。いや作ろうと思います。

十中八九、四苦八苦。
どうにかこれでいけそうだと、プリントアウト。

IMG_7509.jpg

あれ?なんか違う気がする。

あっ、文字を逆にしないと刻印だぞ〜〜~っ!

もう合体させた文字は離れてくれませんし、
また一から作り直し。

IMG_7519.jpg

IMG_7511.jpg

大きさもちゃんとしています。
ロゴのタグができました。

今回は手動プレスで思い切り挟んだからか
刻印の文字も凹んでしまいました。
ABS樹脂ではまだ柔らかすぎる?
文字が細かすぎる?

IMG_7513.jpg

凹むことを見越してもう少し文字を高くする必要があるかもしれません。

こんなことでは当方はへこみません。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR