テンガロンハット3

硬くて厚い革をチョイスしたので
中芯はプリムに使うだけにし
サイドやトップ一枚革で作成しますです。

これは決して、楽をしようとか
手を抜いているとか云うことです。

サイドをくるりと端と端を裏表に縫い付け輪っかにし
トップを縫い付けるんですが

これも裏表に縫い付けるんでしょうね、
よくわかりません。

型紙提供者の方は奇特な人ですが
あまり詳しくは作り方を書いてありません。

たった3つの主要部品しかないのだから
書くまでもない、
裁縫をする人ならわかるでしょ。かな?

痒いところまでは手が届きません。
当方痒い所だらけで困りまくりながら

あってるかどうか判断できないまま、
サイドにトップを縫い付けました。

自作の型紙だといつも外周と外周を合わせると
必ずどちらかが余ってしまって、凸凹になるのですが

ちゃんとした型紙なのでしょう、そこそこぴったり
収まりました。

この辺り必死なので全く写真を撮る余裕なしです。

で、どうにかこうにかここまでたどり着きました。

IMG_6780.jpg

ここまでの問題点は、
1.トップを表返すのが大変で、中芯を入れる構造だと
表返えらないんじゃない?ということ。

裏表(中表っていうんですね、以降訂正します)に縫うこと自体が間違っているんでしょうか?
固いもん同士を塗ってあるもんだから
縫製部分の糸が見えております。

2.ブリムはやはり1枚革ではヘラヘラで中芯が必要そうですが
売っているカバンの底板ではサイズが小さすぎて
2分割の2枚を入れるしかなく、
その切れ目でブリムが折れちゃうこと。

底板を一体になるよう接着するか
もっと大きなサイズの中芯を探すしかないようです。

それと、これめっちゃ重いです。450g

それにかぶっていると暑い。

熱気抜きの穴がいるんですね。

だいたい、ほんまもんのテンガロンハットって
見たことないんちゃうのん。

あ〜〜〜〜、痒い〜〜〜〜〜〜。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR