ハート形ネームタグ

四角と楕円の豚革極薄ネームタグが出来ましたので、
引き続きハート形にかかります。

つくづく抜き型が同じ高さだったら手間が省けたのですが・・・

まあこれも抜き型の勉強と云う事で我慢して。

おさらいですが、高さ19mmの方は、少し鋼が厚めで
抜くのに力がいるが、耐久性がある。
32mmの方はその反対と云う事で、

このおさらいは次に続く大失敗ご報告の伏線になる訳です。

皆さんお待ちかねのでぇ〜〜〜失敗をやらかしました。

単調ながらも問題なく、四角と楕円をくり抜いた後、
息つく暇もなくハート用の革を細く切り出し

IMG_3720.jpg

重ねた端をホッチキスで留め、
全く同じようにハート形の刃型を乗せてキコキコキコ。

この同じようにやっている事が間違いの始まりでした。

なんだか抜けた手応えがないのです。

そう、ハート形の切れ味をすっかり忘れておった訳で、
またもや下敷きのまな板に食い込ませてしまいました。

前回食い込ませた比ではありません。

食い込みまくっております。

ペンチで挟んで、まな板を足で踏みつけ引っ張っても
びくともしません。
32mmの抜き型がまな板の上に19mmしか出ていません。
32-19=13  げっ13mmも食い込んでおります。

なにしろ手動ハンドクリッカーの押さえつける力は2トンですから

当方の背筋力では、太刀打ちが出来ません。

はや、まな板もろともゴミと化すのか!

ゴミにするくらいなら、まな板だけでも助けよう。
多少歪んでもいいやとペンチでコネながら、引っ張る事数分。

スポッ!

抜けましたっ!

幸い歪んでおりません。やれやれ。

今度は恐る恐る、控えめに控えめにキコキコ。

それでもなんなく抜けてゆきます。

恐るべし32mm。

で、抜ききりました。

IMG_3721.jpg

まな板と豚革の間には、適当な革を挟んでいたので
これもことのほか沢山出来上がりました。

こんな事やっていて、本当に誰か買ってくれるのでしょうか。

始める時は勝算があるのですが、
いつもやってしまってから自信がなくなります。

で、販売したら目が覚める事の繰り返し。

もうちょっと夢を見ておきましょう。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
⇧ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR