抜き型来ました。

先月から今月にかけて、もうヤケクソのように
お金を使っております。

ナスカン、ジャンパーホックに始まり、
打ち棒、不発。

1tプレスに抜き型。
実はまだ2品ほどポチっておりますが、
それはそうとして

今日はその抜き型が到着しました。
今回も抜き型工房Aさん
に作ってもらいました。

本来抜き型は、大量生産する時に必要だと思うのですが、
当方のいままで手に入れた抜き型は、
とても手では上手く切れないとか、出来たとしてもしたくない、とか

今回の抜き型も、そんな類いの
抜くと同時に捻も入れると云う合わせ技一本。

IMG_3877.jpg

刃と刃を落とした鋼を上手に二重にしてあります。

IMG_3884.jpg

発注の際に使う革の厚みを聞かれたので、
1~1.2mmと答えると、
刃と捻用鋼の高低差が革の厚さを基準にすると云われたので
よくわからないままおっしゃる通りと
1mm差にしてもらいました。

噛み砕いて云うと、
刃が革に1mm入り込んだ後に捻の鋼が革に当たりだす訳で、

1.もし革が0.7mmだとすると、抜けた時点で
捻はまだ革に届かないままになってしまっている。

2.反対に1.5mmの革の場合、捻は押されるものの
刃が裏まで届かないことになるので当然抜けない。

IMG_3885.jpg

1の場合は下にいらない革を敷いて、
1mm以上にしてしまえば解決しました。

その現状を抜き型屋さんに報告すると、
そこでは同じものでテストして1.5mmの革でも
抜けたし、捻も押されたとの事で
捻については、革の厚みや硬さ、プレスの裁断力、抜板などによって変わると
教わりました。

そこではたと気づいたのですが、
電動のプロ用クリッカーは、下の台が木製なんですね。

で、下敷きにしていた樹脂製まな板を止めて
木にした所、一件落着。

キコキコ油圧プレスの場合は4tの力でしたので
樹脂製のまな板に喰い込んで、外すのが大変だったのですが

今回は捻がストップをかけていますし
まな板に突き刺さるほどの力が無かったので
革を抜ききる所まで刃が進めなかった訳です。

で、これまた革の種類がよかったのでしょうが
捻も奇麗に入っております。

さて、オーダーの免許入れを作り直しましょう。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
⇧ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR