松ヤニ研磨用商品企画

超精密研磨フィルムの研磨面問題が解決したのですが、

もう一つ気がかりな事、
「バイオリンの弓に擦り付ける松ヤニ削り用研磨フィルム貼付け革」
(なんと長ったらしい要を得ていないネーミングでしょうか!)の作成に当たり、

これが本当に有用なものなのかが、友人の意見だけでは確信が持てず、

先日オーダーで少し長めのあご当てカバーを
納品させて頂いた方の名前をググってみた所、
今も現役でオーケストラに所属する長老で

もとい、超ベテランだとわかりまして
取引連絡ついでに、その必要性をお尋ねしてみました。

その方曰く
「たしかに毛替え直後や、新しい弓に松ヤニはつきにくいものですが、
ほんの少していねいにこすれば問題はない程度ではないでしょうか。
ただし新品の松ヤニは表面がつるつるとすべります。
その場合は新しい弓でなくても松ヤニはなかなかつきません。
私はカッターなどで少し傷を作ったりしておりました。
ご提案の品はそのような新しい松ヤニには役立つかもしれません。
ですが私見を申しますと、私は老齢の者で、長年にわたり新しい弓の試奏などを
たびたびして参りましたが、特に不便に感じたことはありません。
そのためにわざわざ特別な道具が必要とまでは思えないのですが・・
せっかくのご提案を否定するようで申しわけございませんが、
以上が私の正直な感想です。」

と、いらんやん、そんなもん。と云うお答えでした。

超ベテランの方がそうおっしゃるのですから間違いはありません。

が、超精密研磨フィルムをもう買っちゃいました。

ここでこの計画は、販売目的から
このブログのネタの為だけの商品企画となりました。

どうしてくれんねん、友人よっ!


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR