床面処理変遷記

このブログでなんども書いてきたことですが
今、床面の処理には粉末状のCMCを使っています。

何しろ、革の計り売りのような
一山なんぼのような
詰め放題、食べ放題のような

グラム単価がブタミンチ以上、切り落とし以下と云う体たらく。

そんなブックカバーやノートカバーの販売となっていますので
大量に革の床面を処理しなくてはなりません。

以前はトコノールと云う最初から液体になっている高級処理剤を使っていたのですが
高いよりは安いが大好きな当方は
今はコスパに優れた粉末のCMCをお湯で解いて使っております。

それでも使う量が半端ないので
安いよりはもっと安いが大好きな当方は

70gくらいしか入っていないレザークラフト用ではなくて
何用か分かりませんがど〜〜〜んと1Kg入りを購入しております。

IMG_5278.jpg

レザークラフト用であろうが何用であろうが
購入したCMCと云うのは、混じりけの無いCMCで
レザークラフト用に売られているものと全く同成分・・・のはずなんですが

どうも、違う。

レザークラフト用は500ccのお湯に7.5g溶かして
マーボ豆腐くらいのとろみで使っていたのですが
この1Kg入りは、その3倍近い20gを溶かしています。

でないとマーボ豆腐にならないんです。
あんかけ焼きそばにもなりません。

それに500cc入りのボトルを7本ほどいっぺんに溶剤を作るのですが

最後の2〜3本を使う頃には
それらがどうもしゃぶしゃぶになっているんですね。

冷えたマーボ豆腐が片栗粉の魔法が解けたようにしゃぶしゃぶになりますよね、
ちょうどそんな感じ。

何日か経つと溶かしたCMC液も
賞味期限が切れてしまうのでしょうか。

冷蔵庫に入れときゃよかった。

かな?


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR