レザー教室、再びの5

もうパスケース制作手順を順に追いかけるのに飽きてきましたが
完成まではほど遠い。

そう少しご辛抱を。
辛抱したからと云って、何もいいことは無いと思いますが・・・

で、窓開き革に布を張り、ようやく菱目打ちです。

当りを付けてあるのですが、どうも怪しい。
まあ、いいやと穴を空けるのですが

先に空けた穴に一目だけ4目菱目打ちの一本をだぶらせ
進んで行きます。
と、今度は聞きもしないのに、姉さん講師が教えてくれます。

ほ〜〜ぉ、知らなかった〜〜っと云う顔をしながら大きくうなずきます。

角まで来たら、端っこの穴にはだぶって菱目打ちをしないで下さい。
×の形になってしまいますから。と、今度はお嬢さんお姉さんと当方にアドバイス。

ほ〜〜ぉ、知らなかった〜〜っ。本当に知らなかった。はずかちィ〜〜〜。
本日最初の収穫です。

IMG_5504.jpg

穴を空け終わり、ようやく今度はステッチです。
と思ったら、目の前に両端に針のくっ付いた糸が用意されました。

あらっ!糸は元々蠟引きだから、ろうをなすり付ける作業は無くても当たり前ですが、
糸通しは生徒にさせんとあかんのとちゃうのっ!

また最初の4目位を縫って、こちらに渡します。
始め方がわからんでしょ。

下から通し表に出た糸を右上に引っ張りながら、
もう片方の針を同じ穴に通す。
と、ゆるいご神託がくだります。

もうほ〜〜〜〜ぉと云う顔も面倒なので
はいはいと云う感じで縫い始めます。

やはりステッチングポニーはありません。
ポニーどころか、ウリ坊も使いません(どんなやつ?)

ちなみに先日のステッチングポニーの写真、
カタログを見直しましたら、
クラフト社ではテーブルポニー、ステッチングホース、レーシングポニー、
協進エルではステッチングポニー、ソーイングホース、レーシングポニーと
同じ形でもめいめい違う名前がついておりました。
ポニーだけでなく親もいます。

当方も最初はレーシングポニーと書いておきながら
ここんところはステッチングポニーと。

まけといて下さい。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR