コバ磨きのlong story

そもそも(この始まり方は長い話を予感させます)
コバを磨く事にも使えるヘリ磨きという物を持っておりました。

53010.jpg

この先っぽの半円は溝が掘ってありまして
その溝でコバを磨くようになっておりまして

またこの棒からも外れるようになっております。

で、例によってその先っぽはダークサイドに連れ去られた訳です。

IMG_5808.jpg

どこかに居てはるのは明確なので
また買うと云う事は出来ません。

と云って、今は居てはりません。

あまり厚いヌメのコバを磨くと云う事も無いのですが
それでもたまにあれが居てくれはったら、と思わない事もありません。

電球を取り替えるときの追い出した亭主みたいなもんです。

WNT007.jpg
53112_l.jpg

コバ磨きに特化したこんな物もあるのですが
踏ん切れません。

これらは厚いヌメ革用で
当方のように薄い革ばかり使っているものには
溝幅が広過ぎます。

薄い革のコバには、爪楊枝を使ってトコノールを縫ったりしております。

で、ついでにその爪楊枝でゴシゴシしておりますと
たまに爪楊枝のくびれに革が挟まって
もう少しだけこのくびれ、幅が広かったらこれでいいのに。とか
思ったりしておりました。

で、そんな折り
いつもお世話になっている師匠のヤフオクで
持ってはいるのですが
圧着ローラーを落札しました。

IMG_5809.jpg

いずれ、いつの日か教室を開いた時に
どうせいるもんですし、これは2つあっても良いやと。

で、魂胆がありまして
売っているコバ磨きのように溝が広くない
幅狭の溝を掘ってもらい
それをスリッカーに使えないかと
人の迷惑顧みず、リクエストしました。

親切な師匠は、またかっ!と云う顔をしつつも(あった事ありませんが)
面倒くさいこの強引なお願いを叶えてくれまして

別棒を一緒に送ってくれました。

IMG_5810.jpg

細い溝が1mm位刻みで掘ってあります。


感謝感謝でごじゃります。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR