ラベンダーに包まれて

ネットで革を購入すると、硬さや正確な厚さは
届くまで分からない、と云うことがままあります。

約1mmと書いてあっても、革の厚みは
1枚の中でもあっちこっちでばらつきがありますので
まあ1mmを中心として、とか
わりと1mmの所が多いとか、そんな感じ。

硬さとの関係で少し厚いだけでも
ブックカバーやノートカバーに向かなかったりしますので

割に出すこととなります。

元々1.2mm位だったので、それ程硬くなければ
ちょっと厚いかな〜〜?とちょっと躊躇しながらも

まあいいか、とブックカバーにしてしまうのですが

これはそうはいかない硬い革でしたし、
大きな革でしたので
まあいいかと躊躇するのも回数が多くなりますので
指定したのが、思い切っての0.6mmで割ってもらいました。

で、帰ってきました。

割の精度ってどのくらいの物か分かりませんが
薄い所で0.4mm。

これまた、まあええかの範疇ですが、
分厚過ぎる時よりは気が楽な、まあええかですので

早速1つ二つ作ってみました。

IMG_5968_20160214181203ed5.jpg

牛革ですが、ブックカバー等はそれ程強度もいらないので
0.4mmでも軽くてよろし。と前向きに考えて。

でもなにしろ大きな革です。

当分この薄いラベンダーがヤフオクに
登場しっぱなしになりますが
飽きないでね。お願い。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。

角落としを探して徘徊していたら、こちらのブログに辿り着き、購入しようか迷っていた角落としをお使いのようで…延々読んでたら朝になってしまいました。

深夜に一人爆笑させていただきました(ごめんなさい)。

2013春ころまで読みました。

前後が気になるので、すべて読ませていただきたいと思いますが、今日は寝ます。

あまりにも楽しいブログでしたので、コメントさせていただきました。






Re: はじめまして。

いや〜〜〜、限りなく嬉しいお便りをありがとうございます。
ただ、読む価値のあるかないか、内容の無い駄文ですので、夜は寝た方が良いと思います。

こんばんは

お返事ありがとうございます(^人^)

とっても参考になります。

その後、カメラケースのあたりまで読みました。

私はレザークラフトは未経験ですが、別件で革はぎれを大量購入して、それをどうしようかと思い悩んでまして…笑

参考になるかわかりませんが、過去ブログで床処理剤?がフノリとありましたので、ご相談ですが…

革でコサージュを作成する時に、ゼラチンを使うんですが、床処理剤というのは、糊状になるのでしょうか?

コサージュを大量生産しませんが、ゼラチンより安いなら床処理剤で代用できないかな〜と素人考えです。

ちなみに、帽子制作教室に通っていて、コサージュは帽子の飾りとして教室で習ってました。

突然のコメントで図々しいとは思いますが、他にも色々と教えていただきたいこともございます。

差し支えなければお返事よろしくお願いいたしますm(._.)m

Re: こんばんは

人にものを教える立場に無いですが・・・
数少ない知識からのええ加減なお返事をしますと

革の床処理にはトコノールかCMCを使います。
トコノールは白いクリーム状の物でCMCは粉末なので水(お湯)でとくと
ゼラチン状になります。
ゼラチンそのものが床面処理に使えるかどうかは申し訳ない分かりません。
早い話が糊のようなもので、床面の毛羽を押さえつけます。
CMCの方が水にとくと云う手間がかかりますが圧倒的に安価です。
探せば1KGで2000円くらい。革用に売っているものは高いです。
1kgあれば、たぶん一生使えます。
当方のブログページ右下の検索でCMCやトコノールを検索していただければ
いろいろでてくると思います。

早速のお返事ありがとうございます(^人^)

ブログのコメント欄で何度も書かせていただくのもどうかとも思いましたが、また書かせていただきますm(._.)m

ゼラチンを使用するのは、コテを入りやすくするため、コテで作った形が崩れないようにするためなので、糊状になるのが都合が良いのです。

布の場合はデンプン糊を使用します。

ゼラチンは料理用のを使ってますが、小袋一つで20センチ×20センチの革3枚位しか使えなかったような…
今のところ同サイズ程度の革はぎれが10枚位なので迷うところですが、トコノールもCMCも一度使ってみたいと思います。

お忙しいところ、本当にありがとうございます。

ブログ読んでたら、オーダーもお願いしたくなってきました。

オーダーはストアの方から連絡させていただきますね。







プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR