ミシンの始末2

前日、(本当は先ほどですが)書いた
パイプや鉄棒をそれの合いそうな部品の穴に突っ込んでみました。

IMG_6360.jpg

色も同じですし、これはひと塊りだと思うのですが
何をするものか、まったくわかりません。

穴もたくさん余っています。
ちょうど良さそうな鉄棒はもうありません。

どなたか教えてください。おねげェ〜〜しますだ。

これはほっといて、次行きます。

IMG_6362.jpg

これは分かりました。
糸立てです。

ただ地面に置くようなので糸を高く
上で引っ掛ける棒があるはずです。

IMG_6373.jpg

これが色も揃ってますし怪しいのですが、
上の円盤につけるのか、左下の部品で机に固定するのかが不明。

円盤だとしたら、付け方がわかりませんし
固定金具の方はパイプを突っ込むだけで、なんだかグラグラしています。

そもそも糸を通すんだろうな〜〜と思えるアームも
やたらごついし、パイプにうまく取り付けられません。

どなたか教えてくだせェ〜〜〜、師匠頼みますだ。

まだ部品は結構残っています。

いや残っているのか、もう使い切っているはずなのかもわかりません。

手に負えん。と途方に暮れていると
奥方がやってきて、そんなものを広げるのに
この部屋を使うのは止めてくれと云う。

ゲロゲロ。

そもそもそのミシンはどこに置くのか?と云う。

もちろん、私の部屋へ・・・と消え入りそうな声。

はいはい、片付けますですよ。片付けたらいいんでしょ。

「はい」は一度でいいそうです。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
もう解決しているかもしれませんが、一番上の写真のパーツは、押さえを上下させるときに使うレバーを設置するパーツだと思います。
工業用ミシンは両手を空けることができるように、押さえの上下は膝で、このパーツにつけたレバーを押したり離したりしてやります。
『工業ミシン 膝』で検索すると設置された写真が見つかるのでどんなものかはイメージつきやすいかと思います
組み立て頑張って下さいね
プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR