動作確認

ようやく腕ミシンをミシンとして触る時がきました。

今までは、片付けなければならない単に重い鉄の塊だったのですが、
とうとう今からソーイングマシーンです。

もともと糸の通し方のサンプルとして、
短い糸が通してありました。

IMG_6385.jpg

親切です。これで糸の通し方のがわからなければバカです。

そうです。当方はバカです。よくわかりません。とほほ。

当方の職業ミシンでは、糸をくるりとひっかっけるだけで済むところが
どうも糸の端を通さないといけない仕様に思えるのです。

一か八かその糸を引き抜いて、新たな糸を通してみました。
な〜〜〜んや、大したことないやん。できました。

今度は針の穴が今使用中の職業ミシンのものより
小さいような気がしたので、外してみたところ

穴はともかく職業ミシン用の針より、上半分の直径が太いです。
測ってみると2.02mm。
職業用は1.6mm。

共通じゃないのです。

針を外す時に今更ながらに気付いたのですが
押え金具が一番欲しかった
2つの押えが交互に足踏みするように動く上下送りタイプです。

IMG_6391.jpg
IMG_6390.jpg

好きです。この動き。

いよいよ推奨だと言われた8番の糸で
試し縫いすることにしました。

どうせならと、厚い革を四重に重ね、厚さ6mm。

IMG_6396.jpg

向こう側が職業ミシンで縫った20番。
手前がこのミシンで8番。
IMG_6395.jpg

太さはあまり変わらない風です。
意味ないやん。

糸調子もそこそこ来ています。(一目失敗しましたが)

ところが針に通る手前で、糸が千切れかけていました。

糸調子がおかしいのか、糸の通し方を間違ったか
針が8番には対応していないのか?皮が厚すぎたか?

理由はよくわかりませんが、
手回しでクルクル。重いです。手が痛い。

こんなに硬かったら、とてもあの貧弱なモーターなんか
なんの役にも立ちません。

暴走しっこないです。ぐわ〜〜〜〜ん、とかうなるだけで
ピクリとも動かないのは目に見えています。

あのモーター用のベルト購入は中止。
モーターは塩漬けです。

あ〜〜あ、また無駄遣いしてしもた。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR