全てはつながる

カメラケースはちょっと試してみたい形があるのですが
そもそも何が引っかかっているのか?
なぜ挫折したままになっているのか?

レンズの高さがあるので、それが収まるマチが必要なのは
それはその通りなので、
そのマチ幅で四角いぽいケースを作ればいいじゃない。

と考えればいいだけのことなんですが
レンズ以外のところのボディ幅がその半分くらいしかないのに
入れ口は当然レンズも通過しないといけないので大きなものになる。

こう書いてみると、当方は口も小さく
なるべくカメラに沿った形のケースを
作りたがっているようです。

そんな必要があるのか?
そこもちょっと怪しい。四角でええやん。という気もしないでもない。

などウダウダ、ツラツラ結論が出ないままだった課題を
形にしないといけません。

展開上、すぐに何か取り掛かると思われるところですが
それは置いといて

今週は同好会があるので、パイピングポーチを完成しないといけません。

このパイピングはカメラケースにも繋がるはずです。
かな?

IMG_7211.jpg

パイピングありのポーチは一度作った、失敗した、っきり
手を出さなかったやり方で
今んところ、ままうまくいっております。

同好会がなかったら、きっと手を出さないままになっていたはずで
後押し、追い込みをかけてくれるありがたい組織を作ったものです。

きついっす。

そもそもこのぐるっとマチのあるポーチは
ここんところ全く作っていなかったもので
初作成のセカンドバッグと一緒に古いものが出てきました。

IMG_7210.jpg

ええやんこれで。
パイピングの意味はあるのか?

まあ出来上がったら、クリアになるんでしょう。

既製品のこのタイプは十中八九、パイピングが施してありますし。

IMG_7212.jpg

当方がこのぐるっとマチポーチを作らなくなったのは
きっとパイピングを施さないといけない=うまくいかない=もう作らない。
という図式のようです。

それにも増して用途不明のポーチ、なんでも入れてくださいチックなケースに
意欲がなくなったこともあるようで、
カメラケースの課題は好都合です。

それにしても、もうちょっと太い中芯が欲しいかな。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR