端革の行方

当方の購入する革は牛なら200〜300ds前後、
仔牛や山羊、豚なら丸っぽで

革の外周、首や足の部分はヘニャヘニャか
いびつな形なのですっぱり切り捨て
これは使えないのでゴミ箱に行きます。

で、そこそこ4角くなった革を
まとめて裏面処理をし、何やかやと作るのですが

うまく使い切るのは難しくて
結構ちゃんとした大きさの端革が誕生します。

面積ならA4越えなのに、ええとこに傷があったりして
な〜〜〜んにも作れない。惜しいいいいいっ!

もっと小さめの端革は、そりゃあもうてんこ盛り生まれます。

望まれて生まれた訳ではない、不幸な子です。
でも生まれた以上、なんとかしてあげたいのが親心。

そんなこんなが同好会を立ち上げた理由の一つで
みなさんに使ってもらえて端革の行き場が一つできました。

昨日書いた革紐のリクエストも
端革没滅(おいおい、子供って云ったくせに)に
一役買ってくれて、
作ったものも買ってくれる訳で
ダブルでお得に成仏してくれました。(とうとう殺しちゃった)

ついでなのでもう少し端革を消費しましょう。

同好会では糸やなんやかや共有で使う道具などを
昔、訳あって大量に購入した100均もんのこんなケースに入れております。

IMG_7334.jpg

このケースを作業台ごとに3つほど
トータル10個ほど使っているのですが

糸以外のほとんどの道具は自立できませんので
この中で寝てはります。

ちょうど良い大きさのプラの空き箱がありましたので
このケースの横幅を調整しまして革で包み、ペン立てのようなものを作りました。

IMG_7336.jpg

IMG_7335.jpg

これで一部の道具は収まりが良くなるでしょうが
これは一つしか作れませんし、もっと欲しいところです。

考えてみれば底はあるわけで、仕切りさえ作れば
同じ役目になるじゃんと気づきまして

IMG_7337.jpg

こんなものを大量生産。
IMG_7338.jpg

自由度のある仕切りができました。

ええやん。

ちょっと無理やり端革を消費した感は否めませんが
一番手近にある材料が革と云う
考えてみれば贅沢な話。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR