またパクりました

プロショップを後にして、もう一つの目的地
スマホで調べると、割と路線的には近いのでラッキーな
ハイアマチュア御用達手芸洋品店へ。

そこでは頼まれていた金具をゲットしただけで
バーゲンもやってませんし、
ウロウロしてもそう面白くありませんので、早々に退却し

頑張って歩けば行ける距離の東急ハンズへ。

レザークラフトを始めた頃は日参したものですが
定価販売ですし今はもう足を向けることもなくなっておりました。
でもここは不思議と革だけは安いんです。

安いといっても高いんですが(どっちや?)

昔1000円で売っていたロールの豚革があれば
欲しいな〜〜〜と思ったんですが
なかったです。ちぇっ。

その革を探しているとあちこちに
たくさんの小物を販売しているのが目に付きます。

昔店員さんがサンプルを作っているのに出くわしたことがありましたが
今は販売に至っているようです。
でも出来は、そんなもん売っていいの?と
モグリにも思われちゃう程度のものも多く、しかも高い。

これがその値段で売れるくらいなら苦労はないぜと
くまなくチェックしていると
同好会用に丁度良いもの見っけ。

カシメだけで作れるミニ小物入れ。

構造を確認して大急ぎで帰宅。
忘れないうちにと型紙をおこしてみました。

IMG_7454.jpg

縫わずにできるはずなので、こんな形のような気がします。

まあ作ってみるべ。
何しろ縫わなくていいし、楽チンです。

と舐めておりましたら、えらい目にあいました。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

キャンディポーチ/完成

部品を新たに切り出して、
側面の両端を5mm幅ほど漉きまして
前面の部品3点をくっつけました。

側面を漉くのは本になかったですが、
前向きに言いつけを守らなかったので
まあこれもセーフということにして。

IMG_7446.jpg

ここでの新たなノウハウは、
菱目打ちを斜めに打ち込んでパイピングの
膨れてある根っこに穴をあけること。

にゃ〜〜〜るほど。これは理解できます。
ただどのくらい斜めにすれば根元になるのか
行きすぎないかも気になりますし、
一定に同じ角度では打ち込めないです。

ここは修行なんでしょうな。

まあこんなもんかという、
可も無し不可はありの出来栄えで縫い終わり

ひっくり返しました。

IMG_7447.jpg

山場は超えました。

後は本体にこれをくっつけ縫うと。

ベルト部分もぐるっと周回を長くて辛いですが縫って、

IMG_7451.jpg

Dカンを短いベルトでカシメ止め、
ベルトは片方にナスカンをカシメ止めし
もう片方を Dカンに通してこれまたカシメ止め。

カシメは本体の色に合わせてピンクに。

で、この辺り相当端折りましたが
完成しました。

IMG_7452.jpg

本の言いつけ通りにやりました度90%
本の言いつけ通りに出来ました度50%というところでしょうか。

なかなか難しい、手間のかかるやつでした。

もう2度と作らんかも。

本を返す日までもう少しありますし、
もう1点くらいは作ってみたいもんです。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

パイピングの取り付け

パイピングはポケットになる前面と
側面になる部分に挟まれるかたちになります。

まずはその前になる部分のアールに沿って
貼り付けてゆくのですが
パイピングはぷっくり膨らんでいる面と
平らな面のどちらの面を接着するのかの記述はありません。

と、思っていたら
今読み返してみると、平らな面に接着剤を塗るとあります。

知らずにそうしていましたので、セーフ。
言い付けをまだ守っております。偶然ですが。

こうするとか、ああするとかの記述はあっても
どうしてそうするのかの説明がないので
なんだか面白くないです、頭ごなしで。

単純記憶は忘れるです。理解が伴わないと。

このパイピングをハサミで切り込みを入れながら
貼っていきます。

切ってよかったんですか? 
だったらアールに沿って貼り付けるのが楽になります。

切ってよかったのか・・・な〜〜〜んだ。
でもあまり信用していないので、一番アールのきつい箇所
一箇所だけにしました。

IMG_7443.jpg

結構うまくいったんじゃないでしょうか、この前面。

えっ?なぜ前面なのにポンチ穴が空いてるあるか?

・・・・・・・・・・

本体に開けるベルト止め用の穴を間違ってこっちに開けちゃいました。

これは言い付けを守る以前の問題なので、
言い付け守る基準的にはセーフ。

何がセーフや。ああやり直し。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

まずはパイピング

ちっちゃいくせにパイピングが施してある
キャンディポーチ。

作成はそのパイピングから始めるみたいです。

挟む革の真ん中に接着剤を塗るのか塗らないのか問題が
一応の決着を見ました。

この本によると塗らないようです。

ネットでの曖昧な情報をもとに塗ったり塗らなかったりしていましたが
暫定決定です。
また信頼できる情報に当たるまでは
塗らない方針でやっていきます、おっちゃんは。

結構パイピングを作る時の説明が濃くて
その一つが片方だけに丸みをつけるというもの。

IMG_7441.jpg

貼りつけるときに下になっていた裏側は平らで
これはそのまま平のままにしておくらしいです。

IMG_7440.jpg

このキャンディポーチのパイピングは
途中から現れて、途中で無くなるという
初めて見る仕様なので、どうするのかなと思っていましたら
端っこはこんな処理をしました。

IMG_7442.jpg

端っこは1cmほどパイプ芯がなくて、そのあたりを
細く落とします。

なぜこんな風にするのはこの段階では不明、
もちろん読み進めちゃっていますので不明ではないのですが
やってみないとわからないですし、まあ不明。

今の所説明通りに寸分の違いもなくやっております。

先生の言うことをよく聞くええ子なんですが

反抗期もやってくるわけです、当然。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

メガネ立て

ステッチがいっぱいでもう満腹だったので
日を改めて続きなんですが

パッチワーク部品は丸めました。

IMG_7436.jpg

後ろはレースでかがってあります。

IMG_7435.jpg

後は土台に貼り付け、完成。

IMG_7437.jpg

本の写真をパッと見て、
わかった気でやっちゃうもんで

後で注釈を読むと、全く書いてある通りにやっていないのが判明。

本の通りに作ろうと決心したはずなのに
3割も守っていません。

いかんいかん。

今度こそは本の通りに作ろうと
作り直すことなど微塵も考えず
次行きます。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR