色の名付け方

同好会の準備に追いまくられて
定番の在庫作りがおろそかになっております。

minneに出品しているものも、
淡いピンクのものがよく出るのですが
ほとんど売り切れたままちょうどいい革が購入できずに
補充できずにおります。

そんな中
ようやくのことで2枚のピンク系が入荷しました。
P_20171012_045157-.jpg


左はクリームピンクと云う名前で出ておりまして
ピンクに限らず、何かしら区別するための色の名付け方に困るのですが
色見本などに照らし合わせて、同じ色を見つけても
その名前が一般的でない場合が多くて
こんなクリーム+ピンクみたいな名前をつけることが多くなります。

なんですが
右の革はフレッシュピンクと名付けられて出ていました。
出品時の写真がこれ。

640x480-2017091300117.jpg

ここの販売者は現物ではなくて、色補正もしない撮ったままの写真を見て
出品時に名前をつけているような気がします。

で、この写真で色の名前を考え、ピンク系にしたのでしょうが
色に関しては、結構やべェところです。

この革の色は昼光色・昼白色どちらの光で撮った写真なのかわかりませんし
こちらの蛍光灯色との差もありますのである程度違うのはしょうがないのですが
届くまではハラハラもんです。

なのでその色の名前も判断基準の一つなんですが
フレッシュなんて訳が分かんなくて、ヒントになりません。

ましてどう見てもピンクというよりはパープルに近いので
ピンク系が欲しかったんですが・・・
まあ、ピンク系ではないものの、綺麗な色ですし良しとします。

多分当方が出品する際には淡ラベンダーなんて名前になるんじゃないでしょうか。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

サイドファスナーのトート 5

大きな革を使うので、トートのやり直しはキツイっす。

使えそうな大きな革がないかと
ガレージの方に保管してある在庫の在庫を
漁りに行きました。

ガレージには当分使う予定にない革や
永久に使う予定がないものの
捨てるに捨てられない革が置いてあるのですが
記憶によると後者の革が大半だったような気がしていまして
期待していなかったのですが、
当方の記憶があてにならないのが幸いして
ちょうど良いのが見つかりました。

何となくうっすら縦模様が入った大きな馬革が3枚。

馬なので1枚が相当大きくて、このトートの部品を切り出すのに
1/2枚くらいの使用量ですみそうです。

早速作成に取り掛かりました。

P_20171011_054951-.jpg

前回との変更点は、サンプルのバッグに準じて
つなぎ目をサイドのセンターに持ってくることと
折り返しを全てにつけること。

1枚が大きくなって、使える革が制限されるので
同じ大きさの革でも取りやすいように
サイドの部品を分割したのが裏目に出たわけです。

前回分がこれですので

P_20171011_054938.jpg

オリジナルに準じていないというよりも
縫うとこ増えるやん。と云うのが
却下の本当の理由と踏んでおります。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

サイドファスナーのトート 4

同好会に持ち込んだ型紙がボツとなり
新たに書いております。

サイドファスナートート02

前回の型紙がこれで

トート型紙

どこがどう変わったかはともかくとして
A4用紙8枚だったのが15枚になっております。

カバンの大きさは変わらないのにどして?

共通で使える型が減っちゃって
分割していた部品が一体ものになっております。

前回途中まで作ったサンプルはボツったわけで
ま〜〜た新たなサンプルを作らないといけません。

当日朝に、とならないよう精進したいものです。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

存在意義

同好会当日に朝早くからバタバタ書き上げた
サイドファスナートートの型紙、
主要部品だけサンプルを作って持ち込んだのですが
現場でその型紙に不備を発見。

その先行集団には、トートに適しているだろう柔らかめの革と
使用するファスナーを選んでもらうだけの時間となりました。
ごめんちゃい。

次回までに変更した型紙と、今度はもう完成させたサンプルを
持っていかなきゃ許してもらえません、

会場の都合で今月は2週続きでやりますので
一週間しかありません。もう大変。

これまた持ち込んだ自由課題のレジ袋の型紙は
みなさん我勝ちに持って行きはりました。

しめしめ、このレジ袋も相当大きな革が必要ですので
持ち込んだ柔らかめの革も飛ぶように売れるかと思いきや
誰もそれは買いません。

レレレ?
みんな単なる型紙収集家か?

基本的に購入はしたものの
とりあえず当方の作る商品のラインアップから外れている革を
持ち込んでいるので、市価の3割から半額程度で提供しているんですが
安くとも、気に入らない革はいらないと。

欲しい革は当方も会員さんも同じという
当たり前といえば当たり前の原理ですな〜〜〜。

この辺は同好会を立ち上げた大きな理由の
「当方のいらない革を消費する場」と云う目論見は
見事外れておりまして、当方にとっての存在意義は
ないに等しくなっております。

まあそれでも会員のみなさんには作る喜びが
あるようで、存在意義はそちらにシフトしております。

まあそれはそれでいいか。

喜んではる写真をいただきました。

1507278544626-.jpg

ちゃんと作ったものを飾ってはります。

結構いいですね、このプラントハンガー。

ここで評判の良かったものを商品化すればいい訳ですね。
立派な存在意義がありましたです。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

直線抜き〜美錠抜き

すっげ〜〜手間がかかる上に
上手くいかない箇所がいくつかあって

しかもちゃんと出来ても売れる保証もない革の鈴。

とは云え一個はちゃんとしたものを作りたいので
上手くいかない箇所を解決しつつ、ここまでは来ているのですが
また止まっています。

革鈴02

先へ進めずにいる理由がここ。

革鈴01
これは前回分で、
穴はポンチで開けられるのですが
そこを繋ぐ切り込みが綺麗にいきません。

丸いので定規を使うわけにもいかず
カッターが固定できずにフリーハンドになります。

グダグダです。

この問題が出ちゃったころ
うわっ!こんなん売ってるやん。というのを発見。

直線抜き

これとよく似たタイプで角落としのアールになったのは
持っているのですが、こんな直線を打ち抜くタイプは初めて見ました。

5mm幅から3cm幅の6本セットです。もちろんポチりました。
何用なんでしょう?今まであまり必要性を感じたことがありません。

でもこれを見てすんごく必要性を感じちゃった訳です。
ものとの出会いにもタイミングってあるんですね〜〜〜。
これなら少なくともカッターのフリーハンドよりはまっすぐに切れます。

これが届くのを待って、再開し始めたのですが
もうひとつの懸念材料、平行に切れるかどうか?

それも当ててみれば確認できるわけで、
カッターで切ることを思えばに比べもんになりません。
これ以上何を望むでしょう。

と思っていると、
また最近こんなものを発見しちゃいました。
人の欲望に限りはありません。

美錠抜き

美錠抜きの存在は知っていましたが、
滅多にバックルなど使いませんし、何よりお高いので
持っておりません。

このセットは幅が全て2mmで長さが3mm~25mm
しかも一本の美錠抜き程度のお値段。(これが一番大事)

後悔は後ですればいいやとま〜〜〜たポチっちゃいました。

で、革鈴の完成はこの美錠抜きの到着まで延期となりまして

あらっ、直線抜きの出番がない。

ドラフトでキャッチャーばっかり取ってるどこかの球団みたいじゃん。

それにしてもこの革鈴を作るのに、
円形抜き型に始まり、直線抜き、美錠抜きと
抜く道具ばっか買っております。

抜けているのは当方の頭ばかりで
減価償却を考えると、革鈴1つ3000円くらいになりそうで
こらますます売りもんにならん。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】

【ヤフオク出品中】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR