音楽教室へ再び 2

合わせ技でまずレザークラフト用品店へ立ち寄った後
音楽教室へ向かったのですが

えれ〜〜早く家を出ちゃったもんで、
時間調整に二駅歩いて、電車賃を浮かしたのですが
それでも約束の時間の30分前に着いちゃいました。

ここでの目的はチェロの講師の方に胸当ての感想を聞くことと
ドラムの講師の方にスティックケースのレクチャーをしてもらうこと。

もちろん時間が早いので両講師にはお会いできませんが

担当女史が笑顔で迎えてくださったので
じゃあとその表情に甘えて
もう一つの音楽教室で頼むつもりだった
トランペットをお借りして
マウスピースの写真を撮ることにしました。

P1016827.jpg

やっぱこういう写真が1枚あると無いとではジェンジェン違うので
よかった。

ただこのケースはトランペットが動かないよう
ぴったりしすぎていて
マウスピースを3本包むと
このケースを入れる隙間がありません。

P1016826.jpg

なんとかこの場所に収めることができましたが
安住の地とはいえません。

まだ時間がたっぷり余っております。

キョロキョロすると
彼方に立てかけて保管してある、講習用のチェロを発見。

もういちいち許可も得ずに
ズリズリアングルの良さそうなところまで引っ張り出して
胸当てを装着しました。

チェロカバー

これでもう一つの教室に行く手間が省けました。
ラッキー〜〜〜


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

音楽教室へ再び

先日音楽教室からご連絡がありまして、
チェロの胸当てをオーダーした方を教えている講師の方と
ドラムを教えている講師の方との身柄を押さえたので
おいでませとのこと。出かけるのが今日です。

連絡がなければ、押し掛ける予定だったのでラッキーです。

ついでにもう一つの教室にも以前トランペットの
マウスピースケースの意見を聞きたいと云ってあったので
行きたいと電話しますと
こちらは以前愛想の良かった女性社員さんがお昼に行っただとか
接客中だとかで電話に出てくれません。

・・・・

しつこいやっちゃと敬遠されているかも?

まあ実際しつこい奴ですし、気にせずに
そちらにも回ることにします。

で、前回カメラをリュックに入れて裸で持ち込んだので
なんとなくソフトケースを作ってみようかな、と。

と云うのも、手触りのいいラム革で作った単純なポーチが
売れずに、何か良いラム革商品はないかとぼんやり考えていたものですから

カメラのソフトケースって良いんじゃないと試作を兼ねて自分用を。

以前コンパクトカメラのソフトケースを
あ〜〜〜でもない、こ〜〜〜でもないと
ひねくり回して、結局ろくなものができなかったので

当方はやっぱ、単純なものしか作れないと
マチのある巾着袋にすることにしました。

P_20180219_053304.jpg

安全を見越して大きめに作ったら
えれ〜〜〜大きすぎました。

P_20180219_053226.jpg

巾着の紐も同じ革で頑張って細いものを作成しましたが
紐の通る穴が狭すぎるのか、
滑りが悪くて口が絞れません。

何度か巾着袋も作って、そのたびこの問題が起こっているのに
またです。懲りないヤツです。

以前の失敗は紐を2本通して両絞りにしたためで
紐を細くして1本の片絞りなら大丈夫な気がしたんですが、
甘いヤツです。

だったらこれはどうかなと、使い道のなかった
丸い市販品の丸紐に変更したら
やった〜〜〜~っ、絞れました。

P_20180219_054412.jpg

とは云え、革の厚みもありますし
きっちりと閉まるまでには絞りきれません。

カメラが飛び出ることはなさそうなので
これで自分用は良しとします。

販売用にはたどり着いておりませんね。


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

大阪人気質

よくテレビで食べ放題のブッフェ、いわゆる
バイキング料理が紹介されます。

大阪の番組の場合、必ず何を食べれば元が取れるか?が
番組のテーマです。

大阪人にとって、いかに安く買うか。元が取れているか。が
最大の関心ごとで
他府県の方には眉をひそめられるネタとなります。

弁解ですがこれは、会社に置き換えれば
いかに安く仕入れるか?減価償却はできるかという
ごく当たり前のお話で
阪神タイガースのファンが全てファンというよりは、
オーナー気質になっているのと同じで
買い物をする際には会社経営者になっておるわけです。

と、前置きが長くなりましたが抜き型の話。

円形トレイを抜くために抜き型を作ったのですが
円形トレイがさっぱり売れなくて、販売をやめちゃいまして

無駄になった押し型は自分で作ったものですから諦めるとして
抜き型はそこそこ高価なもので、しかも外注品なわけで
全く「元が取れていない」状態。

儲けを計上できないまでもなんとか
減価償却できる程度にならないかと
こんなことを考えました。

P_20180218_035740.jpg

この抜き型は直径が11cm。
これをコースターだとか小さな観葉植物の敷物用だと云い張って
何枚かセットをアソートで販売できないかというもの。

P_20180218_035943.jpg

同好会にも持っていけない大きさの端革を
抜いて作るので抜き型だけでなく、端革の消費もできて

一石二鳥。

あるいは二兎を追うものは一兎も得ず。

さあ、どっち?


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

ショルダーバッグ

コスメポーチの型紙を持って同好会へ。
ショルダーバッグの型紙ができるまでの
お茶濁しだと思いきや、結構好評でした。やれやれ。

結果としてはこの日の同好会には
間に合わなかったんですが
ショルダーバッグの型紙もやっつけようとしたんですよの
足跡を。

課題のサンプルがこれで

ショルダーバッグ01

これって底がプックリ膨らんでいるのですが
側面にも底面にもマチを取っていないのにどうしてこうなってるの?

ショルダーバッグ03

どうもこの底面に入っているこのステッチがクセ者で
バラしてみる訳にはいかないので、想像ですが
角を三角に切り取って、その両端を縫い付けてあるような気が・・・

そんなマチの作り方があるのかしら?

まあやってみるべと型紙を書いてみました。

シュルダーバッグ02

切り取る三角形の長さも角度も当てずっぽう。
全く自信のない型紙なので、革は使えません。
こんな時はポリクロスです。
過去のブログには間違ってポリプロスって書いちゃったようですが
それは薬品で、正解はポリクロスです。
しかも購入した革を包んであったポリクロスの中古利用です。

どんだけ自信のない型紙かが知れるというものです。

P_20180217_033052.jpg

・・・・

角を切り取ってつないだ加減で、アールが小さくなっちゃってます。
同じ理由で底面の長さが側面に回るので
口の部分の長さをもう少し短くした方がいいみたい。

以上。これ以上判断できません。

結局素材が薄いペラペラのポリクロスなので
マチのプックリ具合がいいのか悪いのか不明。

そう簡単に革で本番と云う訳にはいかないようで
結果、同好会んは間に合わずと相成りました。

あと2週間ありますので、なんとかなるっしょ。
(どうせラスト二日間くらいになるまでそのままですが・・・)


⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村



テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

レーザー刻印機

押し型や刻印を作りたいな〜〜〜と思っていた頃
その候補として最初に頭に浮かんだのは
レーザー彫刻機でしたがとても手が出る価格じゃなくて

だったら3Dプリンタはどうだろうと
3年ほど指をくわえていたら
思わぬ出物にぶち当たり衝動買い。
まあ満足しております。

よく名入れ無料と云うのをネットで見かけますが
よくそんな高価なレーザー彫刻機を導入できるもんだ、
無料で名入れをして、減価償却できるのか?と
不思議に思っておりましたら

世の中こんなものが出ておるんですわ。

レーザー彫刻機

価格が1万数千円。

これってドヤさっ?

出力が1000〜1500mWと小さいので
素材を焼き切ることはできなくて
レーザー彫刻機ではなくて刻印専門のレーザー刻印機です。

まあ出力が大きいものはとっても部屋では使えませんし
妥当なところ。

レビューを読んでいると、ロクでもないと云う商品と
そこそこ好評な商品と玉石混合ですが
まあそこはそれ、中の国のもんでしょうし。

どれも作業面積が4cm角くらいなので、
ちびっと小さいかな〜〜〜と。

と云うことを自分に云い聞かせて
買わんもんね。



⇩ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村


テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ウラ革三吉

Author:ウラ革三吉
コツコツとオリジナルの革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。根っからの革職人と云う訳では無いので、ヘンテコなものも多々作りますが、数撃ちゃ当たるとあちこちで販売しておりますのでまた御贔屓に。
【カートはこちら】


【ヤフオク】

【LEATHER CRAFT TOOLS】

【minne出品中】



ご意見、ご質問やオーダーメイドのご相談は、メールアドレス



mws_000@ybb.ne.jp


までお送り下さい。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おいでやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR